花粉症対策にお困りの方へ

花粉症でお困りの方への花粉症対策グッズをとことん載せていきます。花粉対策は生活の中で出来ることや薬や予防で花粉症を防げることまで、花粉撃退をテーマにさまざまな予防対策、花粉症グッズなどの情報をお知らせします。

花粉症に抗ヒスタミン薬

花粉に過剰に体反応するので、花粉症になる。

であれば、その反応をおさえればいいことになる。

そこで、最も多く用いられているのが抗ヒスタミン薬です。

抗ヒスタミン薬は文字通り、花粉によって発生したヒスタミンの働きを抑えるもので、
古くからある薬物です。

抗ヒスタミン薬には、第一世代と第二世代があり、
第一世代はくしゃみや鼻水に対して即効性があり、
服用後30分くらいで効果が現れます。

ただし、持続時間が短いのが欠点で、そのうえ、
視床下部に作用して眠気を引き起こし、口の渇き、倦怠感といった副作用もあります。

なお、鼻づまりにはほとんど効果がありません。

代表的な商品名としては、タベジール、ヒスタベリン、ポララミン、
レクリカ、ピレチアなどがあります。

この第一世代の欠点を補い、登場したのが第二世代の抗ヒスタミン薬です。

くしゃみや鼻水に効果があるのはもちろん、
鼻づまりにも作用し、持続時間が長く、眠気の発生率が低いのが特徴です。

しかし、即効性という面では劣り、
効果があらわれるまでに2週間ほどもかかってしまい、
その間、毎日服用しなければなりません。

そのため、花粉の飛散時期の2週間ほど前から服用し、対策を講じる必要があります。

また、肝臓や胃腸、心筋障害などを起こす恐れもあります。

代表的な薬として、ゼスラン、ニポラジン、ジルテック、
エバステル、アゼプチン、セルテクト、アレグラ、ヒスマナール、
アレロック、アレジオン、ザジテン、タリオン、ダレン、レミカットなどが挙げられます。

現在、病院で処方される花粉症の薬は、第二世代抗ヒスタミン薬に移行していますが、
すべての人に効果があるわけではなく、
人によってはほとんど効かないこともあるようです。

花粉症はある日突然発症する

昔の日本にはなかった病気の一つに花粉症があります。

生活する環境がクリーンになればなるほど、我々人間の抵抗力が弱まっていく。

では、花粉症を発症する過程を詳しく説明いたします。

花粉症と言えば、今では日本人の4人に1人が発症していると言っても過言ではなく、
国民病とまで言われるくらい有名なアレルギー疾患のひとつですね。

この花粉症。実は条件次第では、誰しも発症する要因を持っていて、
現在花粉症ではないから自分は安心だと思っていると、
ある日突然、花粉症を発症してしまう可能性があるのです。

それでは、どうしてこのような事が起こってくるのでしょう。

まず、花粉症を発症してしまう仕組みについてお話します。

アレルギーを引き起こす原因、
つまり、アレルゲンとなっている花粉が目や鼻の粘膜に付着し、
身体に侵入した場合、身体はこのアレルゲンを身体から排除しようと、
アレルゲンに対抗する物質、IgE抗体を作り出します。

このIgE抗体は、花粉の侵入が繰り返されるうちに、
身体の中にどんどん蓄積されていきます。

そして、それが一定の水準に達したタイミングで再びアレルゲンとなる
花粉が侵入すると、花粉とIgE抗体が結びつき、花粉症の症状が現れるのです。

逆にいえば、花粉がいくら身体に侵入したとしても、
IgE抗体が一定の水準に達していなければ、
花粉症の症状は現れないと言う事になります。

このように、まだ花粉症を発症していない人達は、
花粉症予備軍と呼ばれています。

この花粉症予備軍の人達が、
このまま花粉と今まで通り接触を続けていれば、
なんの前触れもなくある日突然に花粉症を発症してしまうと言った事が起きるのです。

花粉症は他人事と思わず、常に花粉には注意する生活を過ごす事が大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。